グラウンドの排水不良を改善する株式会社フィールディックス
排水不良を改善
  • HOME »
  • 排水不良を改善 »
  • 維持管理

維持管理

芝生を蘇らせる副側溝工法

株式会社フィールディックスは、芝生地を綺麗に保ち半永久的に改修しない技術『副側溝工法』を開発しました。従来は自然地下排水若しくは透水管による排水方法がとられていましたが、本施工の濾過構造体は排水構造体を脱着させメンテナン …

副側溝工法

ウインターオーバーシードは冬も緑を保つように寒地型芝生の種をまく

冬に枯れてしまう暖地型芝生(ティフトン419、バミューダグラス)の上から冬も緑を保つように寒地型芝生(短年草かつ、耐暑性が弱いタイプの品種)の種をまいて1年中芝生を緑にすることです。 これにより温暖な地域でも1年中緑を楽 …

kb

芝生が傷む主な原因

芝生は使用による損傷(擦り切れ等)と成長による回復のバランスが保たれていれば、深刻な状態になることはありません。ティフトン419は一定期間使用を中止し養生すれば短期間で回復するのですが、現実的ではありませ。そこで維持管理 …

芝生の排水不良

芝生の雑草はイネ科雑草、広葉雑草の分類、一年生雑草、多年生雑草

芝生の雑草は分類するとイネ科雑草、広葉雑草の分類、一年生雑草、多年生雑草の分類とに大別できます。 一年生 夏草と言われます。春になると芽が出て、種をまいたあと冬に枯れます。 多年生 地下茎が生き続けるタイプで、冬には地上 …

zassou

芝生の校庭、管理に苦心 害虫被害・高コスト

全国的に芝生化に取り組んでいるのですが、それなりに問題もあるようです。初期投資はもちろん、維持管理コスト(管理者の労力)など…。芝生に関わる弊社としても気になる記事のご紹介です。 転んでも痛くない。砂ぼこりがたたない。鳥 …

school

真砂土は岩石が自然の作用により砕けて細かくなったもの

真砂土は岩石が自然の作用により砕けて細かくなったもの,またはその集合体の総称。近年では,砕石をさらに細かく人工的に砕いた人工砂,すなわち砕砂(さいさ)の製造が盛んになってきたので,前者をとくに天然砂と呼ぶようになった。粒 …

masado

苗の生育は床土の良否によって大きく左右されます

苗床(温床・冷床)で用いる土壌。温床や冷床はその深さに制限があり,根は限られた範囲にしか伸長しないので,苗の生育は床土の良否によって大きく左右される。すぐれた床土とは,病虫害のおそれがなく,通気性がよく,水分を十分に保持 …

me

エアレーションの目的は芝生を蘇らすこと

エアレーションの目的は下記のようなものがあります。 地中に空気を供給する 穴を開けることで芝生の根に空気を供給してやり、芝生を活性化します。また、地中に空気が供給されることで、微生物の活動が活発になり、サッチや古い根の分 …

コアエアレーション

芝生の環境をチェックして良い状態で管理

芝生を良い状態で管理するために、芝生の環境をチェックしましょう。芝を貼っている場所は、芝の生育に適していますか。芝は意外とデリケートで、環境がきちんと整っていないと、きれいに育ってくれません。主なチェックポイントは、以下 …

芝生の排水不良

エアレーションで芝生を活性化

芝生を活性化するための作業のひとつに「エアレーション」があります。エアレーションは簡単に言ってしまえば「地面に穴を開ける作業」のことで、ローンスパイクやローンパンチなどを使って行います。単純に穴を開けるだけの作業です。 …

コアエアレーション
1 2 »

芝生を根腐れから守る

芝生の管理
芝生の排水不良にお悩みではありませんか。株式会社フィールディックスの芝生を永続的に根腐れから守る副側溝工法をご検討ください。
芝生の管理

副側溝工法

PAGETOP
Copyright © 株式会社フィールディックス All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.